未知の変化を受け入れる

こんばんは。

外池康剛(トノイケヤスタカ)です。

ドンと初めてワークした時とても印象的だったやり取りがあります。

僕に対してだけでなく、ドンはレッスンに臨む生徒さん全員に必ず

「このレッスンで良くなっても構わない?そしてこのレッスンで悪くなっても構わない?」

と少し悪戯めいた笑顔で質問をしていました。

「悪くなっても構わない?」

というのはちょっとキツい洒落のようにも聞こえますが、何しろ彼は本当に全員に必ずそれを聞いていたので、私も初めて習いにきた特権(?)とばかり思い切って

「それ、誰にでも聞くの?」

と質問してみました。

ドンの答えはもちろん!と言わんばかりのはっきりとしたYesでした。

そして

「悪くなっても構わない?」

という質問の意図も彼は丁寧に教えてくれました。

決して洒落や冗談で生徒に問いかけているのではないのです。

ドンがこれを尋ねる意図は、生徒に

「変化を受け入れる」

決意があるかを確認することです。

技術が上達するというのは変化するということです。

そして、おかしな言い方ですが、技術が衰えるというのも同じく変化するということです。

どちらも同じ変化ですが、上達はしたいけど、下手にはなりたくないという気持ちが私たちには当然あります。

皮肉なことに、この気持ちが

「変化すること」

そのものを邪魔してしまうことがある。

それを取り除くためにドンは一人一人に「変わる決意」を都度に問いかけていたのだということでした。

もちろん、下手になることをドンが目指してレッスンしているわけではありません。そうではなくて、ドンの考えるアレクサンダーのレッスンの大きな目的は生徒が変化を体験することにあり、その変化を受け入れること、変化に同意することは、突き詰めると自分が

「悪くなる」

ことすら拒まないほどに自分自身を開くことを意味しているのです。

そして、不思議なことに?そうして悪くなることさえ受け入れる決意を持って臨むレッスンではほとんどいつも必ず、結果として生徒さんはより自由で繊細な動きを手に入れていました。

(私はテューバの演奏もレッスンしてもらいましたが、周りも驚くくらい明らかな音色の変化がありました。)

未知の変化を受け入れることがこのワークの決定的に重要な心構えであることをドンのワークは毎回新しい体験として教えてくれます。

同じことは決して繰り返されないけれど、目指すべき在り方はいつも同じなのです。

人生と同じくらいに大きなワーク

こんばんは。

外池康剛(トノイケヤスタカ)です。

ドン先生のレッスンの好きなところの一つには、彼の考えるアレクサンダー・テクニークのスケールの大きさもあります。

アレクサンダーのワークはもともと舞台芸術のパフォーマンスや腰痛緩和などととても相性が良いものですが、ドンがアレクサンダーのレッスンで生徒と取り組むのはその範囲に収まりません。

習慣のパターンを自覚して、新しい自分の方向性(Direction)を見定めて、適切な手段(Means Whereby)を講じてゴールを達成するというアレクサンダーのプロセスはそのまま人生経験で成功を積むプロセスと重なるとドンは教えています。

僕自身も、このワークの中で得られる体験や知識を楽器の演奏だけではなくて、人間関係の構築や人生設計の構築、怪我や病気などのトラブルへの向き合い方というような人生全体の様々な場面に活用することを考えるようになりました。

ドンが教えるアレクサンダーのスケールは人生そのものと同じくらい広いのです。

楽器が上手くなりたい、歌が上手くなりたい、上手に踊りたいという望みを包んで、さらに大きな

「よりよく生きたい」

というテーマにも広がるのがドンのワークです。

体験しにきてみてくださいね^_^

ドンさんのワークで好きなとこ

こんにちは、目時重孝(めときしげゆき)です。

ドンさんのワークで、シゲが好きなのは、生徒の考えていることをとても大事にしてくれていると感じるところです。

「緊張、固まる?そんなことも動きの一つなのだ!」というようにドンさんは考えているようで、そしてその動きは、人それぞれの考えや信念から生まれているのではないか?とお話をしていました。

その人それぞれと対話やハンズオンを通して、より自由に動いたり演奏したり、その人のしたいことができるようにする。そんなメッセージを私はドンさんから感じました。

私はしたいことがあっても、なんか遠回りしちゃうなぁと思うことがあり、でもそれ自体も大切なことであると思えるのが好きなとこなのかと思った次第です。

4/13-15のワークショップは、お話あり、体験ありで学ぶことができると思います。

良ければドンさんのプロフィールや、体験談なども読んでみてくださいね。

それでは。

ドンさんのワークを受けて思い出したこと

こんにちは、目時重孝(めときしげゆき)です。

私がアレクサンダーテクニークを始めた頃、自分がこのテクニークに何を期待しているのか、正直よくわかっていませんでした。

ただ単にレッスンに行くと、面白い。だから行く。
まるで子供の頃に友達の家にでも遊びに行くような感じでした。

そして通っているうちに、腰痛が気にならなくなり、休日の散歩時間が増えていました。

アレクサンダーテクニークの良さ、面白さと学校(BODYCHANCE)で友達と過ごす時間というのが良かったなと思います。

さて、ドンさんのワークですが、私にとっては
・面白さ
・楽しさ
・好奇心
が詰まっています。

ワークを受けると、よくわからないけれど、とても動きやすくなるのですが、それでいて、きちんと論理的な説明があるというのが面白いところです。

そしてドンさんをワークを受けた後、アレクサンダーの学校に通い始めた頃の、ワクワクする気持ちを思い出していました。

それまでに学校で習ったこともそのままになっていたのが嬉しいことでした。

次のブログでは、ドンさんがThinkingについて語っていたを書いてみます。

それでは。

 

What You Think Is What You Get

こんにちは!

外池康剛(トノイケヤスタカ)です。

ドンのワークの哲学をはっきり表現しているのが

_What You Think Is What You Get_

という彼の本のタイトルです。

直訳すると

『あなたの考えたものをあなたは手に入れる』

という意味になり、不思議な?タイトルに聞こえますがドンの教えるアレクサンダー・テクニークはいつでも

「考えること」(Thinking)

がその中心にあります。

アレクサンダー・テクニークは動きのワークですが、その動きを決定付けているのは動きに対して私たちが持っている「考え」、「信念」、ある種の固定観念です。

そこに向き合い、自分の「考え」を深く見つめなおし、新しい考え、新しい視点、新しい信念を獲得する時に私たちの動きの質もガラリと変わります。

あなたが考えることがあなたの動きを決定付け、あなたの動きがその結果得られるものを決定付けます。

あなたが音楽家でも、俳優でも、スポーツ選手でも、格闘家でも、あなたが行う動きの一つ一つは必ずあなたの考えと繋がっています。

その「考え」にダイレクトに、パワフルに働きかけることであなたが全く違う体験を手にするのです。

ドン先生とのワークで、新しい考え、新しい動き、そして新しい自分に出会ってくださいね^_^

ドンさんとの初のワーク

こんにちは、目時重孝(めときしげゆき)です。

今日は初めてドンさんとのワークを受けた時のことを振り返ってみたいと思います。

初めてワークを受けたのは、昨年の3月でした。

私はあと2ヶ月後にアレクサンダーテクニークの教師資格を取得と卒業が2ヶ月後に迫っていた時期でした。

自分にアレクサンダーテクニークを使うことだけでなく、実習生レッスンという形で、生徒さんにアレクサンダーテクニークを伝える機会が増えていました。

生徒さんに伝えようと思うと、自分でアレクサンダーテクニークを使うことでは湧いてこなかった疑問や、興味が新たに湧き上がってきていました。

考えること、思うことと動きについての探求が深まっていた時期だったと思います。

ドンさんのワークショップに参加するきっかけとなったのは、ドンさんがアレクサンダーテクニークをThinking(考えること、思うこと)のワークと考えているという話を聞いたからでした。

ワークショップに参加すると、ドンさんは伝えたい内容を黒板に大きく書き出してくれました。

  • 動きにおける頭と体の関係が鍵である。
  • 学びは楽しみとともに。
  • 考えはそれぞれの人のプライベートな非公開なものだけれど、動きは目に見えるね。

話してくれる内容は、頭でよくわかるものだったのですが、他の方がワークを受けているのを見ても、正直に言って私は全然わからなかったのを覚えています。

自分がワークを受ける順番が回ってきて、私はドンさんの隣の椅子に座りました。

「自分全体が脊椎全部よりも前にやってきた」変なコメントかもしれませんが、そんな言葉が浮かび上がってきたのを覚えています。

そして、Thinkingの意味が、変わった、そう感じたワークでした。

他の体験談、エピソードを書いていきたいと思います。

 

フレッド・アステアのように!

こんにちは!外池康剛(トノイケヤスタカ)です。

若い人は知らないかもしれないと思うと寂しいのですが、、往年のミュージカル映画のカリスマ、フレッド・アステアは多くのアレクサンダー教師が絶賛する

「良い使い方」

の最良のお手本です。

ドンもこの例外ではなく、レッスンの中でしばしば

Fred Astaire Principle

(フレッド・アステア原則)

という言葉を使って、フレッド・アステアの絶妙な心身の使い方を例に挙げています。

ただ、ドンがフレッド・アステアの身のこなしにについて評価している点はなかなかユニークです。

多くの人はアステアの歌と踊りを見て

「なんて楽々と歌い踊っているんだろう」

とその「ラクさ」に注目するかもしれません。

しかし、ドンが注目するのはそれとはむしろ逆で

「アステアがどれほど労力を費やして歌い踊っているのか」

という点です。

ドンが紹介していたエピソードによると、アステアは映画の撮影中、ワンシーン歌って踊るたびにカメラを止めてもらう必要があったそうです。

それはダンスと歌で体力の消耗が激しく、続くシーンの台詞や場面を撮るまでに休憩をしなくてはいけなかったから。

つまり、アステアは楽々と歌い踊っていたのではなくて、かなり大きな体力を消費して歌い踊っていた。けれど、必要最低限の努力しかそこに費やしていなかったから

「楽々と踊っている」

ように見えるのです。

この楽々と踊っているように見えるパワーの使い方こそ、ドンがレッスンで取り上げていたアステアの個性でした。

アレクサンダー・テクニークはうっかりすると

「脱力する、力を使わない」

ことを目指すワークと誤解されてしまいがちですが、ドンが繰り返し教えてくれたのは

「必要以上でも、必要以下でもなく、常に最適な力を使う」

ことでした。

この「アステア原則」はとにかく力を抜くことが正しいと無理矢理脱力しがちだった私の楽器演奏のアプローチを大きく変えてくれました。

フレッド・アステアのように楽々と身体を使う!

のではなく、

フレッド・アステアのように必要な努力を必要なだけ行使する!

ことに最良の動きのヒントがあります。

ドンのクラスでぜひ体験して欲しいことです。

生徒を信頼する

こんにちは!外池康剛(トノイケヤスタカ)です。

生徒の学ぶ力を信頼するということについても、ドンは徹底した態度を示す先生です。

(先日のブログにも書きましたが、ドンちゃんは決断の人です。彼は自分が選んで決めたことには徹底して取り組む先生です)

「自分にできることは生徒にも必ずできる」

という大胆な言葉をドンは本の中に書き残しています。

ドンのレッスンでは、生徒は本人も周りも驚くくらい劇的な変化を体験しますが、その変化はドンが生徒の学ぶ力、変わる力を本当に信じているということから生まれるのだと思います。

多くの場合、実は教師の側が、生徒の学ぶ力を

「このくらいだろう」

と悪意はなく決めつけながら教えることをしてしまいます。

実はその無意識の決めつけが、生徒の変化を予め制限してしまっていることもあると思います。

生徒の学ぶ力に全幅の信頼を寄せるということは、教師にとっては怖いことでさえありますが、その信頼こそが生徒の大きな変化の鍵なのではないかとドンのレッスンは伝えて来てくれます。

アレクサンダーを教える先生なら、ドンのワークはオススメですよ^_^

Flexibility (適応性・柔軟性)という価値

こんにちは!外池康剛(トノイケヤスタカ)です。

これもドンのレッスンで繰り返し学んだことですが、彼のワークが重視している価値の一つに

Flexibility (適応性・柔軟性)

というものがあります。

或いはドン自身の言葉を借りると

flexibility of thought and movement

(考えと動きの柔軟性)

と表現することもできます。

アレクサンダー・テクニークは本質的には「変化に対応する」ための技術です。

アレクサンダー自身は20世紀前半の大きな歴史の変化を生きた、文字通り波乱万丈の人生の人でした。

私たちの人生もまた常に変化と動きに溢れています。人生の様々なステージや人間関係の変化の中でいつでも私たちは動き続け、変わり続けることを求められています。

(演奏やダンスというのも目まぐるしく自分の思考と身体を動かし続け、変化させ続けることであることに違いはありません)

アレクサンダー・テクニークはその意味で、まさにより柔軟に、適応性を持って生きるためのスキルという大きな価値を持っています。

けれど、皮肉なことにアレクサンダーを学ぶことでかえってこの「柔軟性」や「適応性」(英語ではflexibilityと表現します)を失ってしまうことがあります。

「前に上に」とか「長く広く」という言葉はアレクサンダーの先生のお気に入りでもありますが、この考え方にとらわれ過ぎてしまうと、アレクサンダー・テクニークを使うことが、自分を枠にあてはめてむしろ自由さを奪うことになってしまことがあります。

(アレクサンドロイドなんていう少し意地悪な言葉もあるようです)

私がドンのワークを受けて驚いたのは

「君は前に上にすごく自分を固めているから、下に行ける自由を思い出して欲しい」

と言われ、文字通りに手を使って頭をギュッと「押し下げ」られた(!)ことでした。

そして、その「押し下げ」が私の中の動きの自由度としなやかさをずっと大きく広げてくれたのです。

前に上に、長く広く自分を使うことにはとても大きな価値があります。けれど、下に行くことも含めて自分自身をさらに柔軟に使うことにはもっとずっと大きな価値があります。

ドンのワークからぜひFlexibility (適応性・柔軟性)という価値を学んでみてください^_^

魔法でも奇跡でもない

こんにちは!外池康剛(トノイケヤスタカ)です。

ドンのワークは驚くほど短期間で人を変えてしまいます。

歌であればあっという間に声が変わるし、ダンサーならば動きの活力がグンと増していきます。

何よりもその人全体の佇まいや雰囲気がガラリと変わってしまうのです。

まるで魔法のようなレッスンですが、ドンのワークの本当の素晴らしさはそれが魔法でも奇跡でもないというところです。

僕は過去に三回ドンの合宿に行っていますが、参加するたびに実感するのはドンのレッスンではあらゆる言葉や振る舞いに殆どいつも必ず「理由」があるということ。

「ただ何と無く」

というスタンスで彼が手を使ったり発言した場面は少なくとも私は見たことがありません。

(そして、ドンは自分のレッスンでの判断や決断についてはあらゆる質問・疑問にとても明確に答えてくれます)

それはドンのワークがいつもレッスンで起きていることの「分析」と「推論」と何よりも「決断」の連続で作られているからだと思います。

ドンのワークがいつも明晰なのは、彼自身がこの思考のプロセスを徹底し、明確な決断を下し続けているからだということが分かります。

そしてドンが教師トレーニングで最も強調していたのもこの点だったと僕は理解しています。

自分自身の教えるプロセスが明確であること、それを徹底して洗練させていくこと。

その

「具体的な積み重ね」

が魔法でも奇跡でもない、けれどまるで魔法のようなレッスンを作っているのだと思います。

それを徹底して続けていけば、誰でもアレクサンダーのワークは教えられる。

そんな風に教えること、教えていく自信を深めたいと考える先生にもドンのクラスはオススメですよ^_^